ANA、業績予測を下方修正、2020年3月期は純利益270億円に、3月の需要急減で

(c) stock.foto

ANAホールディングスは2020年4月20日、2019年10月29日に公表した2020年3月期(2019年4月1日~2019年3月31日)の通期連結業績予想を下方修正し、純利益は当初予想の940億円を670億円下回る270億円にとどまると発表した。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う世界各国の入国制限や日本国内の移動自粛の影響を強く受け、特に3月の需要が急減。売上高は当初予想を1200億円下回る1兆9700億円、営業利益は800億円下回る600億円、経常利益は790億円下回る580億円と、いずれも大幅に下方修正した。

発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。