森トラスト、緊急事態宣言解除の県でホテル営業を一部再開、5月30日から、特定警戒都道府県では5月31日まで休業

森トラスト・ホテルズ&リゾーツは、 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除された39県で、10施設を2020年5月30日から営業を再開する。再開にあたっては、3密回避、徹底した衛生管理、従業員の健康管理に万全を期すとしている。

営業が再開される施設は以下の通り。

  • リゾートホテル ラフォーレ那須(栃木県)
  • 富士マリオットホテル山中湖(山梨県)
  •  軽井沢マリオットホテル(長野県)
  •  コートヤード・バイ・マリオット 白馬(長野県)
  •  伊豆マリオットホテル修善寺(静岡県)
  •  ホテルラフォーレ修善寺(静岡県)
  •  ラフォーレ倶楽部 伊東温泉 湯の庭(静岡県)
  •  琵琶湖マリオットホテル(滋賀県)
  •  南紀白浜マリオットホテル(和歌山県)
  • ラフォーレ修善寺&カントリークラブ(静岡県)

一方、ウェスティンホテル仙台(宮城県)、 万平ホテル(長野県)、 シェラトン沖縄サンマリーナリゾート(沖縄県)、 イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古(沖縄県)は引き続き当面休業するほか、特定警戒都道府県にある東京マリオットホテル(東京都)、ラフォーレ倶楽部箱根強羅 湯の棲(神奈川県)、強羅環翠楼(神奈川県)、翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル 京都(京都府)、 ラフォーレ&松尾ゴルフ倶楽部(千葉県)は5月31日まで休業する。

なお、コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションと コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーションは営業を継続する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。