東南アジア6カ国とインド ⇔ 日本の出入国の規制状況を整理した(6月3日版)

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、世界各国では出入国の制限が続いている。トラベルボイスでは、2020年6月3日現在の東南アジア諸国とインド⇔日本の出入国の規制状況をまとめた(国によっては一部、外交関係者、労働許可証保有者などの特例が認められる場合もある)。

日本への入国については日本政府による規制、各国への日本からの入国は、現地政府による規制。なお、日本政府は2020年3月25日付で日本邦人に対して全世界への渡航自粛(海外安全情報レベル2:不要不急の渡航は止めてください)を発出している。

前回(5月27日)から出入国規制に変更はなく、インドは5月31日までとしていた国際民間旅客機のインドへの着陸停止を6月30日までに延長するなど、国を越えた移動の見通しは依然として立っていない。ただし、そのインドは5月30日付で、今後ロックダウン措置を段階的に解除することを発表。タイは6月1日から県の越境移動制限緩和、タイ古式マッサージの営業、コンベンション・展示会場の条件付き営業再開を認めるなど、各国内での行動制限は緩和されつつある。

2020年6月3日現在の、タイ、フィリピン、マレーシア、ベトナム、シンガポール、インドネシア、インドと日本の出入国の規制状況は次のとおり(以下、前回からの変更点は※印)。

タイ

  • タイ→日本

    • 過去14日以内に滞在していた外国人は入国拒否 [6/3現在]
  • 日本→タイ

    • 非常事態宣言により外国人の入国を原則禁止 [6/3現在]
    • 6/30まで、タイに向けた国際線旅客便の飛行禁止[6/3現在]

フィリピン

  • フィリピン→日本

    • 過去14日以内に滞在していた外国人は入国拒否 [6/3現在]
  • 日本→フィリピン

    • 日本を含む査証免除対象国からの入国を停止。当面の間、全在外公館での新規ビザ発給を停止 [6/3現在]

マレーシア

  • マレーシア→日本

    • 過去14日以内に滞在していた外国人は入国拒否 [6/3現在]
  • 日本→マレーシア

    • 外国人渡航者の入国を禁止。ただし、5/17からマレーシア・マイ・セカンド・ホーム(MM2H)ビザ保有者の再入国を許可。出発前のオンラインフォーム提出、到着前14日以内のPCR検査陰性証明提出、マレーシア入国管理局長による再入国許可の取得、クアラルンプール空港での健康検査、滞在費用の負担を含む隔離施設での14日の隔離、条件付き活動制限令の全規定遵守が入国の条件 [6/3現在]

ベトナム

  • ベトナム→日本

    • 過去14日以内に滞在していた外国人は入国拒否 [6/3現在]
  • 日本→ベトナム

    • 全ての外国人の入国を停止 [6/3現在]
    • ハノイ空港、ホーチミン空港での国際線旅客便の受け入れ停止 [6/3現在]

シンガポール

  • シンガポール→日本

    • 過去14日以内に滞在していた外国人は入国拒否 [6/3現在]
  • 日本→シンガポール

    • 短期滞在者の入国、トランジットを禁止。長期ビザの労働ビザ保持者についても、保健や運輸など公共サービス関連以外はシンガポールへの帰国不可 [6/3現在]
    • 永住、長期滞在を含む全ての入国者は指定施設で14日間の隔離 [6/3現在]

インドネシア

  • インドネシア→日本

    • 過去14日以内に滞在していた外国人は入国拒否 [6/3現在]
  • 日本→インドネシア

    • 外国人の入国、トランジットを原則禁止 [6/3現在]

インド

  • インド→日本

    • 過去14日以内に滞在していた外国人は入国拒否 [6/3現在]
  • 日本→インド

    • すべての国境で入国禁止 [6/3現在]
    • 6/30まで、国際民間旅客航空便のインドへの着陸を停止。当初5/31までの措置とされていたが、5/30付で延長が発表された [6/3現在]※


以下は、直近の東南アジア4カ国からの訪日客数の推移。

※本グラフはコピー&ペーストで自由に転載可



出典/参考情報

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。