豪グレートバリアリーフに「海中美術館」が開業、サンゴ礁の保護と修復へ、動画も公開

オーストラリア・クィーンズランド州タウンズビルに南半球初となる海中美術館「Museum of Underwater Art (MOUA)」がオープンした。サンゴ礁の保護と修復を目的に、世界的に有名な彫刻家ジェイソン・デケアレス・テイラー氏が制作したアート作品が海中に展示されている。

各作品は海洋生物に悪影響を与えないステンレスと中性pHといった特殊素材で制作。年月をかけて、アート作品にサンゴが繁殖し、魚たちの住処になることを目指す。

今後、2021年にパーム島とマグネティック島近海でもテイラー氏のアート作品が展示・公開される予定。

クイーンズランド州政府観光局では、現地への渡航ができない状況を踏まえて、MOUAの動画を公開している。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。