東急、会員制シェアオフィス事業に自社ホテル活用、リモート会議スペースとして客室提供

東急と東急ホテルズは2020年10月1日から、東急の会員制サテライトシェアオフィス事業「NewWork」と東急ホテルズが提携し、リモートワーク時のWeb会議スペースとしてホテル客室の活用を開始する。

提携するのは、大森東急REIホテル、吉祥寺東急REIホテル、横浜東急REIホテル、セミナープラス南町田の4施設。東急は2016年からNewWork事業を開始し、会員企業数は380社に上る。ホテル客室を活用することで、より柔軟な働き方の推進につなげる。これにより、NewWorkは10月中に200拠点を達成する。

NewWork会員はオンラインで客室を予約し、ホテルフロントでライセンスカードやQRコードを提示することで利用が可能。東急ホテルズは従業員のマスク・フェイスシールド着用、チェックイン時の検温、消毒、清掃などを徹底する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。