エールフランス航空、日本発でもLCCのようにサービス追加型運賃を発売、価格重視型で、ウェブサイトやNDC端末で販売

エールフランス航空・KLM オランダ航空は、従来のエコノミークラス公示運賃「Standard (スタンダード)」と 「Flex (フレックス)」 に加えて、日本でも新たに 「Light (ライト)」の販売を開始した。「Light」は、すでにヨーロッパを中心に複数の国で自国発の公示運賃として発売さている。

今回日本でも発売された「Light」は、旅行のスタイルに合わせて選択できる価格重視の運賃。日本国内では、両航空のウェブサイト、コールセンターならびにNDC接続可能な端末に限定して販売される。基本クラスとなるStandardとの差額(往復)は1万円。LCCのように座席の事前指定、受託手荷物預けは有料オプションになり、予約変更や払い戻しは不可となる。座席指定については、チェックイン後なら無料で変更できる。

なお、2020 年10 月現在、特別措置により、すべての料金オプションで手数料無料で変更可能、全額返金可能な旅行バウチャーへ交換が可能になっている。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。