LCCピーチ、航空予約と抗原検査をワンストップで提供、自己負担3000円、関西/宮崎、奄美線で実証実験

LCCのピーチアビエーション(Peach Aviation) は2020年11月13日、抗原検査後に国内線利用を可能とする「抗原検査後国内線利用実証事業」を実施すると発表した。対象は11月20日~12月19日搭乗分の関西/宮崎線、関西/奄美線の2路線。

搭乗までの流れはこうだ。事前に航空券、クリニックの空き状況・日程を確認して航空券と診療を予約。搭乗日の5日前までにクリニックに来院して検体採取し、結果が陰性の場合は後日クリニックに来院し、検査結果説明を受けたうえで予約の便に搭乗する仕組み。陽性の場合は保健所の指示も受けながら、旅程変更、払い戻しとなる。

関西国際空港全体構想促進協議会、宮崎県、鹿児島県、検査機関のエスアールエル、提携クリニックのうつぼGarden Clinicの支援・協力で実施する。受検希望者の自己負担分は3000円。 「GoToトラベル」でレジャー需要が増加する一方、帰省については自らが感染拡大の契機になる不安などが影響し回復が鈍いのが背景。年末年始の本格的な帰省シーズンに先立ち、帰省需要が高いものの航空以外の代替え交通手段が少ない路線を選定した。

実証実験の結果を踏まえ、提携クリニックの増加や検査回数の拡大、他地域の空港周辺での展開の可能性を模索する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。