小学生オンライン将棋大会を「仕事版LINE」で、自宅から参加者とコミュニケーション

静岡県掛川市の将棋によるまちづくり実行委員会が、ワークスモバイルジャパンが提供する仕事版LINE「LINE WORKS」を導入した。2020年11月23日に開催した「掛川小学生将棋大会」で採用。新型コロナウイルス感染防止のためにオンラインで大会を開催するにあたり、小学生でも使えるよう、コミュニケーションアプリ「LINE」と似た操作性の「LINE WORKS」を導入することでスムーズな大会運営を実現したという。

具体的には、自宅などから参加する小学生全員のアカウントを作成し、チャットを使って事務局・参加者間のコミュニケーションが円滑にできる環境を整備。事務局内でも「LINE WORKS」のDrive機能で運営マニュアルや進行表を共有した。

なお、導入については、掛川市とICT包括連携協定を締結しているソフトバンクが担当した。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。