【年頭所感】トラベルポートジャパン日本支社長 岡安美里氏 ―「セルフサービス」とプロの「ヒューマンサービス」を明確化

トラベルポートジャパン取締役日本支社長の岡安美里氏が、2021年を迎えるにあたって年頭所感を発表した。

岡安氏は2021年、コロナによって進んだリモート化、オンライン化、セルフサービス化がより定着するとし、「セルフサービス」の拡充と、プロによる「ヒューマンサービス」の明確化がより必要になると展望。変化に対して前向きで柔軟に、攻めの活動ができるソリューションと、導入企業の経営戦略に合わせた開発、利用方法を提案し、変革するマーケットの中で共に達成感を感じることができる一年にしたいとの抱負を述べた。

発表された内容は以下のとおり。原文のまま掲載する。


2021年 年頭所感

謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。

2020年は多くの人にとって厳しい一年でした。同時に、危機に対して立ち向かう姿勢や考え方を見直す機会にもなりました。トラベルポートでも、筋肉質な体質にし、取り巻く環境の変化に柔軟に対応できるよう大きく舵を切った年でした。

また、2020年ほどデジタルトランスフォーメーションが叫ばれた年は今までになかったと思います。様々な分野でリモート化、オンライン化、セルフサービス化、といったスタイルが求められた言わば「元年」だったのではないでしょうか。2021年は、そのスタイルがより一層定着し、便利で快適な機能の拡充や、利用方法などアイディアが生まれる期待感があります。

私たちの業界も、まったなしでこのライフ・ワークスタイルの変化に合わせた対応を求められています。ニーズの変化に対応するのはもはや当然で、その上で他社と差別化したプロダクトやサービスがあって生き残れるのだと強く感じます。例えば、新たな時代において、お客様自身にやっていただく「セルフサービス」の拡充と、プロが対応する「ヒューマンサービス」の明確化がより一層必要になると考えます。

安全、安心を求める声は、今後も続くことでしょう。安全、安心をお客様に提供するには、旅行会社の皆さまが最新の、あらゆる情報にアクセスでき、それをスピーディーに提供することだと思います。そして、その上でお客様にあった魅力的な提案を実現すること、それが重要です。

トラベルポートでは、変化に対して前向きに、柔軟に、そして「攻め」の活動ができるソリューションを提案します。IATA NDCなど多彩なコンテンツに加え、アップセル、クロスセルを可能とする技術で、あらゆる売上のチャンスを実現します。現在進めているガリレオGDSをベースに、「セルフサービス」と「ヒューマンサービス」両方を進化させるプロダクトにより、お客様はもちろんのこと、トラベルコンサルタントにも満足いただける仕組みをご提案します。

さらに、私たちは、導入される会社が実現したい経営戦略に合わせた開発、利用方法をご提案します。業務課題ヒアリングから、それぞれの会社にあったコンサルティングを通じ、最適な内容をご提案しますので、安心してお任せください。 

一年前、2020年の始まりは、このような一年になるとは想像しませんでした。しかし、コロナ以前の状況と比較するのではなく、常に先を見据え、今後の需要動向やニーズに敏感になり、アイディアを出していきたいと思います。

変革するマーケットの中で、皆さまと共に達成感を感じることができる一年にしていきます。

2021年が皆さんにとって良い一年になりますように、心よりお祈り申し上げます。

トラベルポートジャパン株式会社

取締役日本支社長 

岡安美里

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。