観光庁、DMOによるデータ収集・分析事業でモデル地域を公募、戦略策定やリピーター創出の仕組みづくりで

観光庁は、2021年度「観光地域づくり法人による宿泊施設等と連携したデータ収集・分析事業」におけるモデル地域を公募する。モデル地域を2~4地域程度選定し、2つの機能を実証する。公募期間は2021年1月20日~3月5日。

ひとつは、観光地域づくり法人(DMO)が地域の宿泊施設・観光施設などと連携しながらデータを収集・分析した結果をもとに戦略を策定し、観光地域づくりに取り組むための仕組みとして、地域内の宿泊施設の宿泊客データをDMOに集約するプラットフォーム。

もうひとつは、地域のファンをつくりリピーターを確保するCRM(顧客関係管理)のための観光地情報アプリの機能。

これによって、DMOが地域全体の宿泊者数や観光客のニーズなどを把握することを可能とし、定量的な根拠に基づく取組による旅行消費の増大、リピーターの確保を図る考え。

観光庁では、モデル地域において検証を行った後、モデル地域以外の地域においても利用可能とすることを想定している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。