長崎のIR共同入札に向けて、オシドリとモヒガンがパートナーシップ、韓国インスパイアとの連携も視野

#IR

オシドリ・インターナショナル・ディベロップメント(オシドリ)は2021年1月28日、長崎県における統合型リゾート(IR)開発の共同入札に向けて、モヒガン・ゲーミング&エンターテイメント(モヒガン)とパートナーシップ契約を締結したと発表した。

長崎県の入札選考は2021年夏から秋にかけて行われる予定。モルガンのCEOマリオ・コントメルコス氏は「九州のIR開設に向け、韓国で開発中のIR、インスパイアと連携した取り組みも検討している」などとコメントしている。

オシドリは香港の総合金融サービス会社が親会社で、長崎県佐世保市の統合型リゾート開発を目的に設立された日本法人。モヒガンは韓国・仁川のインスパイアをはじめ、ナイアガラ・カジノなど世界各地で統合型エンターテイメント・リゾート(IER)を開発、運営、所有している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。