ビジョン社、データ活用で地域社会のDX推進を支援、OMO領域で東北の企業と業務提携

グローバルWi-Fi事業、法人向け情報通信サービス事業を手がけるビジョン社は、東北エリアを中心にOMOソリューションを提供するZORSEとビジョングループの各種サービスにおいて業務提携した。デジタルサービスの導入ビジネスを拡大することで、地域社会における課題改善とコロナ禍で環境が変わったことで注目が高まるDX(デジタルトランスフォーメーション)推進を支援する。

OMO(オンライン・マージズ・オフライン)とは、ネット上とリアル店舗などの垣根を超えたマーケティング概念。ビジョンはZORSEとの提携により、オンラインとオフラインとのデータ連携によるデジタル広告、プッシュ広告を配信してOMOマーケティングを支援。商圏・顧客・購買情報の分析、DX推進で単にITツールを導入するのではなく、CVR向上支援など顧客分析データに基づいたコンサルティング提供など強化する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。