シンガポール航空、子会社シルクエアーを来年度末までに完全統合、保有機と路線も順次移管へ

シンガポール航空は、子会社のシルクエアーを統合する。シルクエアーはシンガポール航空の地域航空会社として30年以上に渡って運航されてきたが、今後順次シンガポール航空のネットワークに移管される。完全統合は2021年度(2022年3月31日)までに完了する予定だ。

また、統合に向けた取り組みの一貫として、シルクエアーが保有するボーイング737-800NG型9機はシンガポール航空に移管され、3月4日からはシンガポール/プーケット線に投入される。今後、シルクエアーが運航していた地域路線においても、シンガポール航空の機内サービス「クリスワールド(KrisWorld)」が提供されることになる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。