宮崎県、来シーズンの冬に向けた観光テレビCMを放映、モデル蛯原友里さんを起用

宮崎県は2021年2月15日から、冬の宮崎の魅力を伝えるテレビCMの放映を九州・山口エリアで開始した。もともとは昨年12月下旬から放送する予定だったが、新型コロナウイルスの感染再拡大で見合わせ。次の冬シーズンこそ、宮崎に来てほしいという内容に一部変更して放映を開始した。

CMキャラクターには、宮崎県生まれのファッションモデル蛯原友里さんと、みやざき大使でスポーツジャーナリストの増田明美さんを起用。グルメ、自然、アクティビティ、スピリチュアルの4パターンで、冬だからこそ味わえる同県を蛯原さんが堪能する様子に、増田さんがマラソン中継さながらの細かい解説を入れるユーモラスな演出で、より詳細に魅力を知ってもらえるよう仕立てた。

宮崎県は南国のような海岸、特産品マンゴーなど夏のイメージが強いが、CMでは日本最南端のスキー場「五ヶ瀬ハイランドスキー場」やご当地グルメ「お肉の舟盛」など、冬だからこそ体験できる観光素材を紹介する。CMは宮崎県公式YouTubeチャンネルでも配信する。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。