ホテルでおこもり読書を提案、JR九州ホテルズが旅行雑誌と企画、恩田陸さんら旅を感じる本を選書

JR九州ホテルズが、文藝春秋のトラベルマガジン『CREA Traveller』とタイアップした、ホテルでの“おこもり”読書企画を開催する。

「ホテルで本の世界を旅しよう。」をテーマに、日本を代表する4人の作家、恩田陸さん、川上弘美さん、角幡唯介さん、林真理子さんと、『CREA Traveller』編集長が「私が“旅”を感じる本」を選書。JR九州ホテルズのホテル・旅館にパネルを設置して選書理由を紹介し、本を貸し出すことで、厳選された本の読書とともに、ホテル滞在をゆっくり楽しんでもらう試みだ。

実施期間は2021年3~6月の4カ月間。対象ホテルは東京の「THE BLOSSOM HIBIYA」、福岡の「THE BLOSSOM HAKATA Premier」、「JR九州ステーションホテル小倉」、熊本の「THE BLOSSOM KUMAMOTO」(4月23日開業)、大分の「JR九州ホテルブラッサム大分」、「別府温泉 竹と椿のお宿 花べっぷ」、沖縄の「JR九州ホテルブラッサム那覇」、鹿児島の「JRホテル屋久島」、長崎の「ホテルオークラJRハウステンボス」の9施設を予定する。

恩田陸さんが五人づれの『五足の靴』、川上弘美さんが松尾芭蕉の『おくのほそ道』、角幡唯介さんが植村直己の『極北に駆ける』、林真理子さんが司馬遼太郎の『街道をゆく』など、それぞれの旅に対する思いがあふれる複数の本を選んでいる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。