JALとプリンスホテル、「羽田発周遊チャーター+ホテル滞在」でツアー企画、日本でハワイ旅行の気分を体験

日本航空(JAL)は、プリンスホテルとの協業で日本にいながらハワイ旅行気分を味わえる商品を企画した。両社は新たな旅行スタイルの提案で今年4月に協業すると発表しており、その取り組みのひとつ。

国際線機材B767-300ER型を使用した羽田発着のチャーターフライトとグランドプリンスホテル高輪での宿泊を組み合わせる。チャーター便機内ではハワイ線で提供しているメニューをアレンジした機内食や、運航乗務員によるハワイ線にまつわるアメニティを提供。ホテルでは、ハワイをテーマにしたディナーやハワイアンミュージックの生演奏、プールサイドでの朝食などを楽しめるようにし、海外旅行気分を体験してもらえるようにする。

出発日は6月26日から1泊2日で、ジャルパックが販売する。最少催行人員は120名。旅行代金の一例は、ビジネスクラス窓際2席が2名参加で1名7万5500円、通路側2席が2名参加で1名6万80000円、エコノミークラス窓側2席が2名参加で1名5万8500円、通路側・中央1席が1名参加で4万2000円、3名申し込みで1名3万6000円など。オプションで、PCR検査も参加者限定2000円で受け付ける。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。