シンガポール政府観光局、日本との外交樹立55周年でオンライン記念事業を展開、「ウルトラマン」をイメージキャラクターに起用

シンガポール政府観光局(STB)は、2021年に日本・シンガポール外交関係樹立55周年を迎えることから、「SJ55」と名付けたキャンペーンをオンラインを中心に展開する。

両国間の交流を促進する目的で、日本政府観光局(JNTO)と共同で「SJ55 記念ロゴ」を制作したほか、今年で同じく誕生55周年を迎えるウルトラマンをイメージキャラクターとして起用し、ビジュアル、ショートムービー、ノベルティグッズなどを製作する。さらに、STB公式サイト内にSJ55のマイクロサイトも立ち上げた。

STBは昨年、海外旅行再開に向けた包括的なプラットフォームとして「Singapore Reimagine」を発表。日本では「ふたたび、旅へ。シンガポール」として、ウルトラマンのビジュアルなどを活用しながら、将来のシンガポール旅行を促す取り組みを進めていく。

一般向けのSJ55記念施策としては、「シンガポールおうちシアター」としてネットフリックスでシンガポール映画6本を今後2年にわたって配信するほか、ロイヤルホストの冷凍食品「ロイヤルデリ」でチキンライスを提供。ゲーム会社ブシロードとのコラボではメディアミックス「D4DJ」のスマートフォンゲーム「Groovy Mix」でシンガポールを舞台にしたシナリオを展開する。

また、6月以降には、シンガポール交響楽団やジャズミュージシャンによる音楽配信を開始。8月以降には、シンガポール在住日本人がシンガポールの街を紹介するビデオキャンペーン「Myシンガポール日本人在住者のとっておき話」の第3弾を配信する。

ウルトラマンを起用したビジュアル©TSUBURAYA PRODUCTIONSSJ55

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。