京都タワーホテル、嵐電車両のつり革や座席がインテリアの特別客室、1日1室限定で発売

京都タワーホテルはこのほど、京福電気鉄道とのコラボ企画「嵐電トレインルーム」を発売した。四条大宮から嵐山、北野白梅町をつなぐ「嵐電」とのコラボした1日1室限定の客室を用意し、特別な京都旅を提案する。

客室には、2020年に開業110周年を迎えた「嵐電」の実際に利用されていた中吊り広告やつり革、車体番号プレートを展示するほか、嵐電車両の優先席シートに張り替えた椅子、記念乗車券などをインテリアとして装飾する。特別に設置した畳コーナーでは、部屋に設置したプレーヤーで、嵐電の展望映像や車内音が収録されたCDも楽しんでもらえるようにする。

期間は2021年6月11日~20022年6月10日。2名1室で、宿泊料金は9500円から。先着順で特典も用意する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。