小田急、観光情報サイトで交通系・観光サブスクなど13種のデジタルチケット販売開始へ、箱根エリアで

小田急ホールディングスは、箱根エリアでの「観光型MaaS」を本格化すると発表した。2021年10月1日に観光情報サイト「箱根ナビ」を箱根観光プラットフォームに大幅リニューアル。「デジタル箱根フリーパス」をはじめ13種類のデジタルチケットを順次発売し、すべてのチケットをオンライン上で販売する。

デジタルチケットは目的地で選ぶ「大涌谷きっぷ」、「芦ノ湖きっぷ」に加え、マイカー利用者をターゲットとした箱根の乗り物がコンパクトに楽しめる「箱根のりものパスLite」を新設。11月に座席定員バス「芦ノ湖ライナー」座席券、12月には期間限定で箱根エリアの22施設が何度でも利用できるサブスクリプションサービス「箱根遊び放題チケット(はこチケ)」の発売を予定している。

また、2022年3月には多言語版「箱根ナビ」をリニューアルする予定で、インバウンド需要の回復を見すえた受け入れ環境を整備する。将来的には、宿泊施設や観光スポットと連携した予約や決済などの一元化も推進する計画だ。

発表資料より:新たに造成する企画乗車券・企画券

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。