JAL、デジタル証明アプリ「VeriFLY」でワクチン接種証明の登録開始、米国入国での接種義務化を受けて

JALは、デジタル証明書アプリ「VeriFLY」について、日本発米国本土行き路線(ハワイ・グアムは除く)で、従来の検査結果に加え、ワクチン接種証明書の登録も始めた。2021年11月8日から米国に入国する旅行者にワクチン接種が義務付けらたことを受けたもの。

あらかじめワクチン接種証明書をVeriFLYに登録し、出発日にチェックインカウンターでアプリに表示された渡航判定結果を提示する。

VeriFLYは、生体認証技術による本人認証のサービスを展開しているアメリカのDaon社が開発したアプリ。新型コロナウイルス検査証明書やワクチン接種証明書の登録のほか、渡航先の入国要件に合わせた準備書類などを事前に参照・管理することができる。

JALは、2021年4月末からこのアプリの実証を始め、10月から日本発米国本土行き路線で本格的な運用を開始した。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…