高知県土佐清水市に滞在型リゾート、老舗旅館を再生、近隣の空き家を改修して一棟貸しヴィラも

宿泊事業など手掛けるCatalystグループはこのほど、高知県土佐清水市の老舗旅館「足摺パシフィックホテル花椿」を滞在型リゾート「TheMana Village(ザマナ ヴィレッジ)」として再生オープンした。

2室のスイートルームに続き、2022年2月10日にはオーシャンビューのイタリアンレストランをプレオープン。今後は全客室のリニューアルを段階的におこなうほか、近隣の空き家を改築し、一棟貸しするレジデンスヴィラなども設ける予定だ。また、トゥクトゥク、電動キックボード、e-バイクなど、二次交通のアクティビティも提供する。

レストラン「Azzurrissimo(アズリッシモ)」は、使われなくなっていたプールを改修し、海に浮かんでいるかのようなデザインを採用。足摺の山々や四万十川でとれる食材をイタリアンとして届ける。3月1日以降は宿泊以外の利用も受け付ける。イタリアンレストランのほか、宿泊者向けの和のコース料理などの提供もある。

スイートルームは80平方メートルの客室にテラス、露天風呂、キッチンを備え、中長期の滞在も見込む。宿泊料金は1泊2食付きで1名4万円から。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…