シンガポール航空、関空と福岡線を増便、13年夏季から

シンガポール航空(SQ)は2013年夏季スケジュールにおいて、シンガポール/関空線とシンガポール/福岡線を増便する。関空線は5月30日から現行の週11便を1日2便に拡大。福岡線は5月28日から現行の週5便を1日1便に増加する。

シンガポール航空(SQ)によると、今回の路線変更は旅客需要に合わせて実施するもの。日本路線以外では、シンガポール/メルボルン線、アデレード線を増便し、オーストラリア路線は子会社のシルクエアーの運航路線を含め週121便に拡大する。このほか、シンガポール/モスクワ/ヒューストン線は5月20日から8月11日まで、週5便から1日1便に増便。シンガポール/コペンハーゲン線も3月31日から現行の週3便を週5便に増便する。

一方、シンガポール/ニューアーク線のノンストップ便は、2013年11月23日で運休。シンガポール/ロサンゼルス線のノンストップ便も、10月20日で運休する。ただし、成田経由のロサンゼルス線は現行通り運航する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。