B787、運航再開へ前進-数週間以内にバッテリー搭載可能の見込み

ボーイングは米連邦航空局(FAA)が承認したB787型機のバッテリーの改善策について、2013年3月15日に説明会を開催した。すでに追加安全策を加えたバッテリーと新容器は製造が開始されており、数週間以内に航空機に搭載する見込みだ。広範囲にわたるテストが完了し、米連邦航空局と各国の関係当局の最終承認が下りた後、ボーイング787型機の運航再開が可能となる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。