訪日ツアーオペレーター品質認証制度、第1期は23社を認証

日本旅行業協会(JATA)は、訪日旅行を取り扱うツアーオペレーターに対する「ツアーオペレーター品質認証制度」の第1期の認証会社として、23社を発表した。認証会社には認証登録書を交付。認証事業者として認証マークの使用が可能となる。

ツアーオペレーター品質認証制度はツアーオペレーター業界の自主規制で、ツアーオペレーターの品質と旅行商品の質を向上し、訪日旅行者の拡大を図ることを目的に創設された。企業の法令遵守、品質管理・サービス水準、CRSの3点について、所定の水準を満たした事業者を認証する。認証にあたっては、弁護士や大学教授などの有識者、行政関係者で構成し、中立性を確保した品質認証審査委員会が行なうことになっている。

第1期認証会社は以下の通り。認証は年に2回、申請機会を用意しており、第2期の申請は7月1日~31日まで受け付けている。

【第1期認証会社(登録順)】

  1. 株式会社日本旅行
  2. 株式会社阪急交通社
  3. 名鉄観光サービス株式会社
  4. 株式会社ジャパングレーライン
  5. ANA セールス株式会社
  6. 株式会社ジェイティービー
  7. 東日観光株式会社
  8. トップツアー株式会社
  9. 株式会社 JTB グローバルマーケティング&トラベル
  10. 近畿日本ツーリスト株式会社
  11. 中青旅日本株式会社
  12. トラベルイノベーションジャパン株式会社
  13. 株式会社 JTB 西日本
  14. 株式会社 JTB 九州
  15. 株式会社 JTB 沖縄
  16. 株式会社ジャパンホリデートラベル
  17. 株式会社びゅうトラベルサービス
  18. 株式会社 JTB 首都圏
  19. 株式会社 JTB 中部
  20. 株式会社トライアングル
  21. 株式会社南海国際旅行
  22. 株式会社エイチ・アイ・エス
  23. 株式会社 JTB 関東

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。