日本/カナダ航空協議、羽田昼間時間帯で双方1日1便で合意

日本とカナダの両国間で開催された航空当局間協議が合意した。合意内容は、2014年夏スケジュールからの羽田空港の昼間時間帯について、日本・カナダ双方が1日1便ずつの運航を可能とする枠組みの設定。これによって、日本の航空会社とカナダの航空会社がそれぞれ羽田空港の昼間時間帯での発着が可能となる。

なお、国交省は2013年10月2日に日本側の発着枠をANA(NH)に割当てることを発表している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。