スカンジナビア航空、来夏34都市に新規就航、地中海レジャー路線強化

Annica Ahlberg-Valdna

スカンジナビア航空(SK)は、2014年夏期スケジュールで新たに34都市に就航する。夏休みの期間の需要を反映し、主に地中海地域に新規就航。就航地には、コルシカ島のバスティア、サーファーに人気のビアリッツ(フランス)、クロアチアで人気デスティネーションのスプリットとプラも含まれる。

また、イタリアではピサとベニスに新規就航。同社は、現在イタリアの10都市に就航しているが、これにより、スカンジナビアの航空会社のなかで最大のイタリア路線を持つことになる。

また、スカンジナビア航空は2013年にコペンハーゲン/サンフランシスコ線に加えて、国内および欧州域内で50路線以上を開設。今回発表された分を含め、2014年には40路線以上を新規に開設する。なお、同社は過去2年で100近い路線を新規開設してきた。

新規就航する路線の販売は11月25日から段階的に開始されている。新規就航路線は以下のとおり。

【ストックホルム線】

  • ピサ(6月21日〜8月9日)
  • オルビア(6月21日〜8月9日)
  • ナポリ(6月21日〜8月9日)
  • ハニア(6月24日〜8月14日)
  • ブリストル(6月30日から8月15日)
  • サラエボ(6月21日〜8月30日)
  • バスティア(6月26日〜8月7日)
  • ビアリッツ(6月26日〜8月7日)
  • ボードー(6月29日〜8月17日)

【ヨーテボリ線】

  • パルマ・デ・マリョルカ(7月2日〜8月13日)
  • アテネ(7月1日〜8月5日)
  • アリカンテ(6月30日〜11月1日)
  • プラ(7月1日〜8月5日)
  • ベルリン(6月30日〜8月15日)

【オスロ線】

  • オルビア(7月4日から8月8日)
  • ベニス(7月2日〜8月6日)
  • ピサ(6月28日〜8月9日)
  • ラルナカ(7月1日〜8月12日)
  • ビアリッツ(7月1日から8月12日)
  • クリスチャンセン線
  • スプリット(7月3日〜8月7日)

【スタヴァンゲル線】

  • アランヤ(7月2日〜8月6日
  • ベルゲン線
  • アランヤ(7月2日から8月6日)
  • ビルン(6月28日〜8月16日)

【コペンハーゲン線】

  • ピサ(6月28日〜8月9日)
  • ナポリ(7月1日から8月7日)
  • ファロ(7月2日〜8月6日)
  • ハニア(6月30日〜8月11日)
  • バスティア(7月2日〜8月6日)
  • モンペリエ(6月28日〜8月6日)

【ビルン線】

  • アランヤ(7月3日〜8月7日)
  • スプリット(7月2日〜8月6日)
  • ニース(7月2日〜8月6日)

【オールボー線】

  • スプリット(7月1日から8月5日)
  • ニース(7月1日〜8月5日)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。