セーバー、ゴールデンウィークの海外旅行に無料旅程管理アプリを提案

セーバートラベルネットワークは、同社が無料で提供する「TripCase(トリップケース)」を『GWの海外旅行に使いたい旅程管理アプリ』として提案している。このアプリは、予約済みのフライトやホテル、レンタカーなど、旅行に必要な情報をリアルタイムで一括管理できるようにしたもの。フライト情報は航空会社や空港が利用するリアルタイムの発着情報をアプリに統合するほか、レストランやミーティングなど、旅行に付随する情報もまとめて管理できるようにしている。

特に特徴的なのが、フライトの遅延情報や搭乗ゲートの変更を追加料金なしでアラートで通知すること。このほか、シートマップのリアルタイム表示や、荷物が到着するバゲージ・クレームの場所なども通知。また、予約したホテルについては、シャトルバスへの有無やルートマップも表示する。

セーバーGDSで予約した情報は自動的にTripCaseに反映し、それ以外の情報はメール送信でアプリ内に取り込める。マニュアルでの情報登録も可能だ。さらに、旅程情報の共有も可能で、フライト到着情報のアラートの共有も可能。ツイッターにもリンクしている。

さらに、セーバーが提供するオンライン海外出張手配ソリューション「GetThere(ゲットゼア)」とも連携し、現地でのフライト変更への対応や、利用者が現在いる場所についても、リアルタイムで把握できるようにしている。

なお、現在の画面表示は英語のみだが、日本語での入力は可能となっている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。