スターウッドホテル、2015年成長戦略は新規開業が続々、開発を強化

スターウッドホテル&リゾートは2014年度、世界26か国で74軒・1万5000室のホテルをオープンした。新規運営委託およびフランチャイズ契約は前年比15%増の175軒と締結し、5年連続で新規契約数を増加している。

堅調な成長に続き、2015年度もグローバル規模で、全カテゴリーにおける成長戦略を掲げる。特にアジア太平洋地域では300軒目、うち中国で150軒目のホテル開業を予定する。カテゴリー別では、セントレジスやW、ザ・ラグジュアリー・コレクションのラグジュアリーカテゴリーでは2015年度中に5軒を開業し、175軒目とするほか、今後2年間で25軒をオープンする計画。世界各地で拡大するラグジュアリーの需要に対応し、開発戦略を強化していく方針だ。

このほか、シェラトンやウェスティンなどのアッパーアップスケールカテゴリーでは2015年度に750軒目の開業を目標とし、今後も150軒以上の新規開業を目指していく。また、アロフトやエレメントなどのミドルマーケットカテゴリーでは、300軒目の開業を目指す。現在、スターウッドにおける開発中のホテルの約40%が同カテゴリーであり、大都市圏や二次市場での高い需要を受けて著しく成長している分野だという。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。