JAL、12月からの燃油サーチャージを値下げ、原油市況価格の下落で

日本航空(JL)は、2015年12月から適用する燃油特別付加運賃の適用額を値下げする。これは、直近の2015年8月から9月のシンガポールケロシン市況価格2ヶ月平均が1バレルあたり57.92米ドルとなり、同期間の為替平均1米ドル121.80円を乗じた円換算額が7,054円となったため。

2015年12月から2016年1月に発券される航空券に適用される燃油特別付加運賃は以下のとおり(一人一区間あたり)。

  • 韓国・極東ロシア 300円
  • 中国・台湾・香港 1,500円
  • グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 2,000円
  • タイ・シンガポール・マレーシア 3,000円
  • インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 4,000円
  • 北米・欧州・中東・オセアニア 7,000円

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。