JAL、インド新興航空会社との業務提携へ、需要拡大でデリー以遠の国内ネットワーク拡充

日本航空(JL)は、インドの新興航空会社VISTARAとの間で包括的業務提携に向けた検討を開始することで合意した。これは、旅客の利便性とサービス向上、相互送客による企業価値向上を目的としたもの。JALは現在、成田/デリー線を運航しているが、インド国内地点への需要とインド国内からの需要が大幅に成長しているなか、インド国内ネットワークの拡充を検討していた。

VISTARAはTATAグループおよびシンガポール航空(SQ)によって2014年8月に設立され、2015年1月より運航を開始したフルサービスエアライン。現在はインド国内線のみの運航でありながらビジネスクラスやプレミアムエコノミーを導入するなど充実したサービスを提供している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。