中国人の海外旅行者数が1億人超に、29歳以下のミレニアル世代が5割に成長 -GFKマーケティング

GFKマーケティングサービスジャパンは、2015年の中国人の海外旅行者数が1億900万人に上ったとの調査結果を発表した。消費額は2290億米ドルになり、旅行者数、消費金額の両面で、世界のトップレベルであるとしている。

渡航先では1位は韓国(2011年比12%増)でタイ(同263%増)、香港(37%増)、日本(57%増)、台湾(54%増)の順。2013年までは、距離が近く旅費が安くて買い物が楽しめる香港が最も人気だったが、2014年以降は買い物だけではなく、歴史や文化的な渡航先を好む傾向が強まってきたという。

アジア以外では、ヨーロッパ(97%増)が最も多く、北米(151%増)、中東(177%増)となる。アフリカは最も少ないが、伸び率では306%増で最高だった。

年代別では15~29歳のミレニアル世代が5割を占め、牽引層に躍進。次いで30~44歳が37%で、この2つの層で9割弱を占めるまでになった。45~59歳は10%だった。

また、中国のミレニアル世代について、この世代の海外旅行者のうち66%は高所得者層だという。ホワイトカラーのエグゼクティブや専門職に就いており、さらなる経済力の向上が見込めることから、GFKマーケティングでは彼らが求めていることを理解することが最も重要だと指摘する。

なお、GFKの年次調査によると、ミレニアル世代は50歳以上の世代よりも意欲的で、自分熱中することにお金を費やす傾向が強いことが判明。自由を大切にし、有意義でワクワクする体験を求める。テクノロジーにも精通しており、ほぼ全員がスマホを所有してSNSで活発に情報交換も実施。団体ツアーではなくFITを望む旅行者としてアプローチすることが重要だとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。