日本気象協会の桜開花予想(第2回)、桜前線は3月25日頃に九州、名古屋、東京で一斉スタート

日本気象協会は2016年2月24日、日本全国48地点における2回目の桜(ソメイヨシノ)の開花予想を発表した。

今年は九州が平年より遅い開花となるところが多いため、今年の桜前線は3月25日頃から福岡、名古屋、東京(千代田区)で一斉にスタート。ただし、大阪は3月28日頃で、3月末には関東以西のほとんどのエリアに到達する見込みだ。

その後も順調に北上し、北陸と東北南部は4月上旬の開花を予想。桜前線が津軽海峡を渡るのは4月末になるとする。

なお、開花予想は日本気象協会のホームページや、天気予報専門サイトで無料で公開。今後は3月~4月下旬まで、毎週水曜日に発表する予定で、3月以降は開花日や満開日の予想も「○月○日」の日付指定で発表する。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…