日本旅行業協会、2016年度の事業方針を発表、ツーリズムEXPOを中核事業に

日本旅行業協会(JATA)は、2016年3月23日の理事会で決定した2016年度事業方針を発表した。インバウンドへの注目が高まる一方、海外旅行は逆風下にあり、テロやバス事故、障害者差別解消への対応など経営課題は山積しているとの認識と、2015年の事業実績と評価を踏まえ、以下の7つの事業に取り組む。

また、2018年度までの目標を「2020年東京オリンピック・パラリンピックを機会に観光大国実現にむけた政策目標」と「交流大国実現に向けた業界目標」の2つの観点で設定。このなかでは、日本のツーリズムの国内・国債における地位向上・確立や、ツーリズムEXPOジャパンの世界三大ツーリズムイベントの地位確立なども掲げた。

これらを踏まえ、政策や法制度へのロビー活動、需要喚起、研修などの業務サービス、弁済や苦情対応など消費者保護の4つの役割を果たし、業界の地位向上や価値創造産業への進化を目指すとする。2016年度の事業方針、および2015年度の事業実績の評価は以下の通り。


【JATA 2016年事業方針】

  1. 海外旅行の復活を目指す

    • 海外旅行者数2000万人達成に向け、中国や韓国の旅行事業の創造と復活、チームヨーロッパやブランドUSA、ASEANなどを通じた二国間協議の推進に取り組む。若者の海外旅行促進やチャーターの規制緩和など政策提言の実現にも取り組む。
  2. 国内旅行では東北復興支援活動を継続展開

    • 宿泊旅行増大への取組みの継続、着地型旅行の普及・拡大、観光による「地域創生」への支援・協力を行なう。東北復興の継続的支援も「JATAの道」プロジェクトなどの施策を通じて実施。スキーバス事故の再発防止に向け、関連機関と連携して対応。
  3. 訪日旅行における次のステージへの提言

    • 2000万人の次のステージに向けた施策を推進。ツアーオペレーター品質認証制度の推進や訪日旅行者の「安心・安全」確保などに積極的に取り組む。
  4. 国際ツーリズムでのリーダーシップ強化

    • 日本が25年ぶりにUNWTO(国際世界観光機関)理事国となることが決定。観光を通じて文化遺産の保護育成に取り組み、観光と文化の両立を目指すUNWTOを牽引していく。
  5. 「ツーリズムEXPOジャパン」を中核事業に位置づけ

    • ホップ・ステップ・ジャンプの3年目として中核事業に位置付ける。4年後の東京五輪パラリンピックのPR活動との連携も図り、日本から世界に発信するイベントに進化させる。
  6. 優秀な人材獲得と育成

    • エリアスペシャリストの定着化など教育・研修を充実。人材獲得では合同インターンシップや業界ガイダンスの推進、女性や外国人などのダイバーシティ推進も図る。経済産業省の「産学連携サービス経営人材育成事業」に指定された東洋大学との連携事業も推進。
  7. 安心安全の旅の提供

    • 旅行安全マネジメントの普及の取り組みを継続。7月1日「旅の安全の日」の定着化を目指し、企画力、安全対策が旅行会社の価値であることを普及啓蒙する。「障害者差別解消法」施行では専用窓口を設置し、共生社会の実現に向けて業界を挙げて取り組む。

 

【2015年度事業の実績と評価】

(事業項目:具体的事業/評価(○=実行、効果有、△=提言、(一部)実行、効果未見、×=手を付けていない)

  • 海外、国内、訪日旅行に関するJATA政策提言:提言の策定、随時推進/△
  • 着地型旅行普及と地域振興推進、宿泊旅行拡大:ニッポンを遊び尽くせキャンペーン、もう一泊、もう一度(継続)/○
  • インフラ・制度等の阻害要因の改善、訪日外国人観光客の質的・量的拡大の推進:
    • ツアオぺ品質認証制度の普及(継続)/△
    • 観光庁アクションプランへ提言(継続)/○
  • 航空関連・燃油特別付加運賃の本体価格への吸収、一本化:継続協議/△
  • 航空関連・国際チャータービジネスの活性化策:更に規制緩和要望(継続)/△
  • 旅行業法制度の検討:個別認可約款実現、障碍者差別解消法対応/○
  • 安心・安全の旅の提供:組織的マネジメントの策定、「旅の安全の日」の設定、実施/○
  • 人材確保事業:業界ガイダンス活動、合同インターンシップ実施(継続)/○
  • 人材育成・教育:研修・エリアスペシャリスト(継続)/○
  • 休暇制度:ハッピーマンデー制度維持活動、休暇制度改革検討(継続)/△
  • ツーリズムEXPOジャパン2015:開催実施/○
  • 需要喚起:VW(ビジット・ワールド)、二国間協議:日中観光文化交流3000名、日インドネシア交流1000名、チームヨーロッパ等(継続)/○
  • 広報活動:記者懇談会、緊急事故対応公法マニュアル策定/○
  • CSR等社会貢献活動・復興支援活動:UNWTO世界観光倫理憲章、JATAの道プロジェクト/○
  • 法定業務:管理者研修、旅程管理研修、ブラッシュアップ研修、新人研修、国家資格/○
  • 観光庁等関係省庁との定期、不定期協議:継続、一層強化/○
  • JATA組織、事務局の強化に向けた施策:UNWTO、WTTCとの連携、支部活動の強化(継続、一層強化)/△

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…