夏休みの海外旅行2016、日本の人気1位はホノルル、1週間の滞在費用は40.6万円に ―トリップアドバイザー

トリップアドバイザーはこのほど、同社のデータをもとに選出した「日本人にこの夏人気の海外旅行先トップ10」を発表した。それによると、人気1位はホノルル。次いでシンガポール、バンコク、台北の順となった。

また、各都市に一週間滞在した際にかかる平均旅行費用も試算したところ、1位ホノルルでは1週間にかかる費用が40万6350円、2位シンガポールは22万9990円、3位バンコクは18万2140円だった。

平均旅行費用は、同サイトでの日本人の利用データをもとに宿泊費と往復渡航費、食事代を含めて算出したもの。トップ10内で合計費用がもっとも低価格となったのは、9位になったベトナムのダナン(13万9850円)。また、ニューヨークの宿泊料金はパリのほぼ2倍となっているが、食事代と渡航費は同レベルといった傾向がわかる。日本人に人気の海外旅行先とかかる費用の試算は以下のとおり。

トリップアドバイザー:報道資料より

なお、人気1位のハワイ(ホノルル)の宿泊施設料金が最も低価格になるのは、9月26日から10月2日で最高値と比較すると37%格安の33万3430円。シンガポールの最安時期は9月5日から11日までで21万7350円(最高値と比較して16%割安)。バンコクの最安時期は8月29日から9月4日までで14万9220円(24%割安)という。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。