JAL、機内食でハラール認証を取得、日本発の全国際線・全クラスで提供へ

日本航空(JL)は2016年6月1日から、宗教法人日本イスラーム文化センターのハラール認証を取得した機内食を、日本発国際線のすべてのクラスで提供する。

JALではこれまでもイスラム教徒向けの特別食として「イスラム教ミール」を提供してきた。しかし今回はイスラム教ミールのメニュー提供にかかる食材、調理方法、調理工場、食器など、製造工程全体においてハラール認証を取得。食器も使い捨て仕様に変更し、より安心して食事ができるようにした。

ハラール認証イスラム教ミールを希望する場合、出発24時間までにメールまたは電話での申し込みが必要。

日本発以外の路線では、クアラルンプール発全便でイスラム教ミールと通常食(和食/養殖)で、“The Department of Islamic Development Malaysia”のハラール認証を取得。ジャカルタ発の全便で、イスラム教ミールと通常食(洋食)で“The Indonesian Council of Ulama Jakarta”で取得した。

なお、宗教法人日本イスラーム文化センターは1999年からハラール認証を発行。アラブ首長国連邦やカタール、タイのハラール認証機関から、日本での認証機関として認められている。


報道発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。