英国の航空旅客数、EU離脱で2020年までに3~5%減少の試算 ―IATA予測

国際航空運送協会(IATA)は2016年6月24日、英国のEU離脱(ブレグジット: Brexit)決定を受けて航空需要に関するレポートを発表。英国経済の低迷とポンドの為替レート下落という2つの要因の影響により、英国の航空乗客数は2020年までに3~5%減少する恐れがあることを示した。さらに、短期的には年間1~1.5%のレベルで乗客数の年間成長率が低下。長期的には、国際貿易の低減に伴う影響が発生するものとみている。

一方、英国通貨ポンドの下落による影響は、比較的軽微となる可能性も示す。これは、英国における海外旅行需要に対する悪影響と、インバウンド需要を刺激する好要因が相殺されるという見方によるもの。

なお同レポートでは、今後英国が独自の航空規制を設けるかどうかという課題が、市場を大きく左右すると指摘している。

このレポートは、同社が英国財務省(HM Treasury)や経済協力開発機構(OECD)などの予測やシミュレーション結果などももとに分析したもの。レポート全文は以下から参照できる。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。