スペース仲介サイト「スペースマーケット」が民泊事業開始、ゴルフコースや茅葺家屋への宿泊も

ユニークなスペースを貸し借りするマッチングサイト「スペースマーケット」が、2016年7月5日から民泊事業を開始する。サイト内に民泊サービス特設ページを設けて物件を紹介。レンタルスペースと宿泊施設を組み合わせた賃貸にも対応していく。

「スペースマーケット」はこれまで、お寺や古民家、映画館といったユニークなレンタルスペース7500以上を対象に時間貸し事業を展開。パーティや結婚式、経営会議などいわゆるMICEを中心に利用需要を得ていた。

今回の民泊事業でも、地方の空き部屋への宿泊に加え、ゴルフコース内の芝のフリースペースでのテント泊や茅葺きの古民家での宿泊など、同社ならではの独自性のある宿泊場所を提供。さらに、MICEスペースと宿泊施設の組み合わせにも対応し、地方での交流人口増加にも貢献していく。

なお、同社ではこれまでレンタルスペースに対応していたコンシェルジュサービスや掲載物件の審査、相互レビューなどを通じた「安心への取り組み」を民泊事業にも適用。民泊にかかわる新法制定の状況も把握しながら、現行法令を遵守した民泊事業を展開していく考え。

同サイトでは7月末まで、「民泊スタートキャンペーン」として、レンタルスペースと宿泊のセットで5割引になるクーポンコードを発行中。また、千葉・御宿のゴルフコースでの宿泊を先着4組(1組10名まで)まで無料でプレゼント中だ。詳細は民泊特設ページまで。

関連記事:

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。