2022年度開業予定の「九州新幹線西九州ルート」でJR・佐賀県・長崎県がタッグ、効果最大化目指す

JR九州と佐賀県、長崎県はこのほど、2022年度に開業予定の「九州新幹線西九州ルート」の効果最大化に向け、それぞれ包括的連携協定を締結した。「九州新幹線西九州ルート」は、福岡市と長崎市を結ぶ整備新幹線のうち、佐賀・新鳥栖~長崎区間を対象に計画が進められているもの。

2016年8月16日に発表された佐賀県との協定では、福岡都市圏との一体的発展によって県内地域の魅力を向上する目的に、駅周辺等のまちづくりや佐賀/博多間の輸送力強化、ICカードエリアの拡大、そのほか観光開発などを進める。

また、8月31日の長崎県との協定では、長崎県内の地域と鉄道の持続的発展を目標として、同じく駅周辺のまちづくりに加え、観光振興や地域活性化、鉄道輸送力強化や利用促進などを連携するものとした。

協定の有効期間は締結日から九州新幹線西九州ルート開業後1年を経過する日までとなっている。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。