熊本市で「日韓観光振興協議会」開催、安定的な観光交流や災害時の相互協力などで合意 ―観光庁

観光庁は2016年12月8日、熊本市にて「第31回日韓観光振興協議会」を開催した。日本からは観光庁の蝦名邦晴次長、日本政府観光局(JNTO)の河田守弘総括理事、九州運輸局の佐々木良局長、熊本県の小野泰輔副知事らが参加。韓国側からは文化体育観光部のファン・ミョンソン観光政策室長、韓国観光公社のミン・ミンホン国際観光戦略本部長などが出席した。

当日は、(1)よりよい日韓関係の基盤としての「観光交流」の継続・安定的な推進、(2)新たな50年における観光交流拡大に向けた連携強化、(3)観光危機状況時の相互協力強化などに関する意見交換を実施。これらの重要性等について一致し、確認文書を取り交わした。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。