ホテル予約システムのダイナテック社、ヤフー傘下入り後の業績好調をアピール、グループの相乗効果で

宿泊施設向けの予約システムを提供するダイナテック社がヤフーの子会社となってもうすぐ2年。このほど同社は「ダイナテックカンファレンス2017」を開催、代表取締役社長の齋藤克也氏は挨拶で「ヤフーとの相乗効果が業績に寄与している」として事業の好調さに自信をみせた。

齋藤氏によると、同社の2016年の実績は売上げが前年比0.3%増の12.4億円。各種サービス契約数は2ケタ成長を続けており、主力商品の自社サイト予約システム「ダイレクトイン」では昨年末に2643施設に達した。こうした契約数の増加が牽引し、宿泊取扱高では、18.8%増の1390億円となった。

ヤフー子会社化で相乗効果が期待された新商品も好調だという。ヤフートラベルとの連携プラン「D-RISE」は、発表から1年で参画施設数が倍増。このサービスは、「ダイレクトイン」ユーザーが、宿泊施設の公式サイトで販売している客室をYahoo!トラベルに「公式サイトプラン」として掲載できるもの。「ダイレクトイン」で設定した自社サイトのプランや在庫が共有できるため、追加設定が不要となる。宿泊施設にとっても手間が省けるため評判もよく、齋藤氏はこの伸びが同社実績に貢献していることを強調した。

ダイナテック代表取締役社長・齋藤克也氏

齋藤氏は、個別インタビューにこたえ、こうしたサービスがヤフー・グループとしての役割を果たしていることを説明。Yahoo!トラベルに、自社サイトの客室在庫が掲載されることで、ユーザーが予約を取りやすい状況を生み出せていると自信をみせた。

今後は、同社が予約システム(PMS)としてもつ流通データの価値を高めていく方針。同社は、AI(人工知能)を使って宿泊施設向けに最適料金を提供する「MagicPrice」(空(SORA)社の運営)との連携も始めたところで、こうしたサービスを深めていくことで宿泊施設に価値あるデータを提供していく考えだ。

なお、このカンファレンスは全国5都市(東京、福岡、大阪、札幌、名古屋)で開催され、約360の宿泊施設が参加した。自社サイト予約比率の高い施設を顕彰する「ダイレクトセールスアワード」の表彰式も行った。

全国のアワード受賞施設は次の通り。

【シティ・ビジネス部門】

  • Direct IN
    • 金賞:札幌グランドホテル/WITH THE STYLE FUKUOKA/ダイワロイネットホテル仙台/ダイワロイネットホテル東京大崎、ダイワロイネットホテル名古屋駅前/ホテルピエナ神戸
    • 銀賞:JRタワーホテル日航札幌/ホテル日航福岡/スマイルホテル十和田/ホテルニューオータニイン横浜プレミアム/ヴィアイン名古屋新幹線口/ヴィアイン心斎橋
  • D-RISE
    • 金賞:札幌グランドホテル/博多グリーンホテル2号館/ホテル大阪ベイタワー/スターホテル郡山/晴海グランドホテル/ホテル・エック・シズオカ
    • 銀賞:ホテルサンルートニュー札幌/盛岡ニューシティホテル/銀座グランドホテル/東京第一ホテル錦/新大阪ステーションホテル本館/小倉ベイホテル第一

【リゾート・旅館部門】

  • Direct IN
    • 金賞:ザ・レイクビューTOYA乃の風リゾート/杉乃井ホテル/羽鳥湖高原レジーナの森/ホテルエミオン東京ベイ/あわら温泉星雲閣/南紀白浜温泉白浜御苑
    • 銀賞:ルスツリゾートホテル&コンベンション/御宿かわせみ/蟹御殿/マホロバマインズ三浦/里山十帖/御宿The Earth
  • D-RISE
    • 金賞:ホテル鹿の湯/花とおもてなしの宿松園/松島センチュリーホテル/妙義グリーンホテル/ホテル春日居/ホテル西長門リゾート
    • 銀賞:洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス/佐久一萬里温泉ホテルゴールドセンチュリー/花巻温泉ホテル花巻/潮の香の湯宿浜紫/白良荘グランドホテル/リーガロイヤルグラン沖縄

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。