楽天、民泊に本格参入、新マッチングサイトを構築へ、不動産系企業と新会社【速報】

楽天が民泊に本格参入する。不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営するLIFULL社(旧:株式会社ネクスト)とともに、両社が共同出資で展開する「RAKUTEN LIFULL STAY PTE. LTD.」(出資比率:楽天が51%、LIFULLが49%)の完全子会社として、「楽天LIFULL STAY」社を設立。新会社は、住宅宿泊仲介業者として民泊新法に基づいた観光庁の登録を行う予定だ。

新会社では、民泊施設を提供したい人(ホスト)と利用したいユーザーをインターネットを通じて結び付ける、新たなプラットフォームを構築。宿泊仲介サービスの名称は「Vacation Stay(仮称)」とする予定で、「遊休資産の所有者には資産活用の新たな機会を、消費者(旅行者)には宿泊施設の幅広い選択肢をそれぞれ提供します。」と発表している。

LIFULL社が運営する「LIFULL HOME'S」は、約800万件を掲載する不動産・住宅情報サイト。2.2万を超える不動産加盟店ネットワークを保有しており、不動産に関わる経営資源や知見を持つ。楽天が持つ約9000万人の会員の顧客基盤とともに両社の強みを生かした展開を図る考えだ。

新会社の会社概要は以下のとおり。

「楽天LIFULL STAY株式会社」概要

  • 商号:楽天LIFULL STAY株式会社
  • 所在地:東京都千代田区大手町一丁目9番2号 大手町フィナンシャルシティグランキューブ3F
  • 代表者:代表取締役 太田 宗克
  • 事業内容:民泊に関するプラットフォーム事業
  • 設立年月:2017年3月
  • ウェブサイト:https://www.rakuten-lifull-stay.co.jp

なお、両社の戦略や今後の展開については、追って詳報する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。