グーグル、AI搭載の音声認識スピーカーを国内販売開始、NHKや日経新聞などコンテンツ利用も可能に

Google(グーグル)は2017年10月5日、AI搭載の音声アシストスピーカー「グーグル・ホーム(Google Home)」と「グーグル・ホーム・ミニ(Google Home Mini)」の国内販売を発表した。Google Homeは10月6日より、同Miniは10月23日より購入可能となる。

ユーザーは、このスピーカーに簡単な翻訳や計算を依頼することができるほか、NHKや日経新聞、J-WAVEなどから配信されるニュースなども音声で操作可能。たとえば「月までの距離は?」といった質問にはスピーカーがネットから回答を探して教えてくれる。

併せて、開発者向けのプラットフォームも用意されており、「楽天レシピ」「食べログ」「Yahoo! MAP」など、今後順次複数のアプリが利用可能になる見通し。また、年内にはGoogle Homeを活用したスマートホームも提供開始となる。

価格は、Google Homeは1万4000円、Miniは6000円。Googleストアのほか、auショップ、ビッグカメラ、ヤマダ電機、楽天で販売開始。ビックカメラ有楽町店などでは、店頭でGoogleHomeを体験できるコーナーも開設する。

なお、

以下は、このほど公開されたGoogle Homeの紹介ビデオ。日本語音声での操作の様子がわかる。

Google Home:毎日がちょっと変わる 篇(Youtube:約1分)

なお、10月5日にはLINEもAI支援技術「Clova」を搭載したスマートスピーカー「Clova WAVE」を発売開始している。また、アマゾンも年内に「エコー」の日本語対応版を発売することを発表。ソニーも先ごろ国際イベントにて「グーグルアシスタント」を搭載したAIスピーカーを年内に投入する方針を発表。アップルも2017年12月にAI(人工知能)搭載の卓上スピーカー「ホームポッド(HomePod)」をオーストラリア、英国、米国で販売開始する見込みだ。

この動きに合わせ、これまでは外国語のみで対応可能だった旅行・航空予約サービスなども急速な日本語対応が進みそうだ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。