横浜に開業する新たなMICE施設名称が決定、「パシフィコ横浜 ノース」に、国内最大5000人規模の多目的ホールも

パシフィコ横浜(横浜国際平和会議場)は、2020年に開業する新たな国際会議場の名称を「横浜みなとみらい国際コンベンションセンター(通称:パシフィコ横浜 ノース)」に決定した。

新施設は既存のパシフィコ横浜に隣接する地下1階・地上6階の構造で、延床面積は約4万7000平方メートル。1階には5000名規模のパーティ開催が可能な国内最大規模の多目的ホール(約7600平方メートル)を設置。2階から4階には大中小42室の会議室を開業する。

なお、新施設に隣接し、リゾートトラストにより「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」が開業予定だ。

パシフィコ横浜全体図:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。