宿泊予約管理「TL-リンカーン」、登録施設の公式サイトでも予約できる機能を発表、残室など一元管理を可能に

宿泊施設の予約・販売管理システム「TL-リンカーン」を提供するシーナッツは、「TL-リンカーン」に登録された残室や料金を宿泊施設の公式ホームページと連携して予約システムを構築できるインターフェイス「TLブッキング」をリリースした。

「TLブッキング」では、宿泊施設のホームページ上の予約機能に必要な部屋タイプやプラン、残室や料金といったデータ情報を、「TL-リンカーン」から公式サイトに送ることが可能。これによって、宿泊施設では、ホームページ上の予約機能の表示を自由に配置することができるため、デザインの統一性やオリジナリティのある予約サービスをホームページ上に構築することができるようになる。

また、残室・料金管理・プラン作成などが「TL-リンカーン」上で一元的に管理ができるため、宿泊施設での作業軽減にもつながる。また、ホームページを開発する会社では、室タイプやプランなどのマスタ部分はTL-リンカーンを参照するため、データ保持は最小限に抑えることができるほか、インターフェイスが簡易的な仕様であるため、容易にシステム接続が可能となる。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。