観光産業のリーダーらが新書籍を発行、「日本の観光を担う次世代リーダーへ」、経営セミナーの内容を一冊に ―日本観光振興協会

日本観光振興協会は2018年3月10日、『日本の観光を担う次世代リーダーへ』(出版文化社)と題する新刊書籍を発行する。首都大学東京と共催で実施した「観光経営トップセミナー 2017年版」の講義内容を1冊に分かりやすくまとめたもの。

このセミナーは、日本の観光産業に関わる人材育成を目的に、観光マーケティングや経営理論を説くもの。巻頭特別企画では 、JTB相談役の舩山龍二氏、国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所代表で首都大学東京特任教授の本保芳明氏、日本観光振興協会理事長久保成人氏、日本交通公社理事・観光政策研究部長の梅川智也氏らが執筆。また、本編では観光庁長官田村明比古氏をはじめ、観光・旅行業の様々な分野から官・民・学にわたる約20名の専門家が執筆する。

内容は、特別企画「観光の現状 観光先進国を目指して」に続き、「理論編」「実務編」「フィールドワーク編」で構成。幹部候補生に求められる戦略思考として、データ分析・統計論、マーケティング論などを展開。また、国内各地における優れた事例分析のほか、合宿形式でのグループワークから将来提言に至るフィールドワークなどを紹介する。

価格は税抜き2500円。予約は以下まで。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。