渋谷に「未来が見える宿泊体験」の新コンセプトホテルが登場、カプセル型の空間に高い居住性、ミレニアル世代向けに

東京・渋谷に2018年3月15日、ミレニアル世代向けの新宿泊施設「The Millennials Shibuya(ザ・ミレニアルズ・シブヤ)」が開業する。日本リテールファンド投資法人が保有する商業施設「Gビル渋谷01」にて、グローバルエージェンツが展開するもの。

渋谷の施設では「未来が見える宿泊体験」をテーマに、新しい文化の発信地・渋谷らしいデザインを採用。5階から10階までは宿泊階で、同社がカプセルホテルを応用して自社開発した客室ユニット「スマートポッド」を120ユニット設置。ここでは、天井高2.3m×床面積3平方メートルの空間のなかに、リクライニング可能なセミダブルサイズのベッドやキャビネット、80インチのスクリーンなどを導入し、従来型のカプセルホテルよりも高い居住性を実現した。チェックイン時に渡されるiPodで、スマートポッド内のすべての機能が操作可能な点も特徴だ。

その他、3階は宿泊者や専用会員が利用できるコワーキングスペースを提供し、イベントスペースやホテルのバンケットとしても利用できるようにする。4階にはフロントとセルフキッチン付きのラウンジを設置する。

今回開業する宿泊施設は、2017年7月に京都・河原町三条にオープンした1号店に続くもの。京都では、併設するコワーキングスペースを活用し、世界中を旅行しながら働くリモートワーカーの拠点としても展開されている。

「The Millennials」オフィシャルサイト

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…