ネット利用者の8割がEC経験者、半数が「月に1回以上購入」、ポイント目当ては3割に ―ニールセン

ニールセンデジタルが発表した「ニールセン・オンラインショッピングレポート2018」によると、ネット利用者の83%がオンラインショッピングを経験。月に1度以上利用する人は約半数の49%に及ぶことが分かった。

「ネットスーパー」に限定してみると、ネット利用者の25%が利用経験者。月に1回以上利用する人は8%となった。

ニールセンデジタル:報道資料より

食品、飲料、酒類を定期的にネット購入する人は全体の18%。その理由をみると、「重いものやかさばるものを持って帰らなくてよい」が44%で最多。次いで「ポイントがたまりやすいから」(30%)、「実店舗より安く購入から」(30%)、「過去に購入したことがあり、よく分かっている商品だから」(24%)の順となった。

この調査は2018年6月に実施されたもの。国内18歳以上の男女のうち、パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれかを通じて月に1回以上ネットを利用している6000名が対象。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。