ANAが「宇宙フライト」体験イベントを実施、JAXAとコラボで、宇宙日本食を機内食で提供など

全日空(ANA)は2018年9月12日から9月20日まで、成田/ヒューストン線で「宇宙フライト2018」を実施する。国立研究開発法人・宇宙航空研究開発機構(JAXA)とのコラボで行なうもの。JAXAが認証を行なう宇宙日本食を機内食として提供するほか、宇宙を身近に感じられるコンテンツも用意する。

提供する機内食は、宇宙日本食認証食品のビーフカレーと羊羹(小倉)、キシリトールガム。このうちビーフカレーは国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在用の特別仕様で、ウコンとカルシウムを強化し、無重力の宇宙船内での味覚反応の変化に対応するために、スパイシーで濃い味になっているという。

ビーフカレーは成田発便のみの提供で、ファーストクラス、ビジネスクラスではいつでも楽しめる軽食として、プレミアムエコノミーとエコノミークラスではメインメニューの選択肢の1つとして提供。このほか、緑茶はプレミアムエコノミーとエコノミークラスのドリンクサービス時に、羊羹はセルフサービスのスナックとして、キシリトールガムは到着前に配布する。

さらに機内では、JAXA宇宙飛行士・大西卓哉氏のスペシャルビデオメッセージや、ANAとJAXAによるスペシャルビデオコンテンツを放映。搭乗証明書やオリジナルステッカーを配布する。

今回のイベントは、開催期間がJAXAの宇宙飛行士・毛利衛氏が日本人として始めてスペースシャトルに搭乗した9月12日の「宇宙の日」と、民間航空再開40周年を記念して制定した9月20日の「空の日」にあわせて行なうもの。

ANAでは2018年1月に「宇宙事業化プロジェクト」を立ち上げ、宇宙旅行や高速輸送の可能性の調査を開始しており、航空業界における宇宙事業の活性化とISS活動の理解促進を目的に本イベントの開催を決定。対象路線を、アメリカ航空宇宙局(NASA)のジョンソン宇宙センターのあるヒューストンに飛ぶ、成田/ヒューストン線とした。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。