関西空港、9月21日に旅客ターミナルが全面再開へ、第1ターミナル北の再開で

関西エアポートは、2018年9月21日に関西国際空港・第1ターミナル北を再開する。これにより、台風21号で被災した関西国際空港の旅客ターミナルすべてが再開することになる。

同社によれば、21日には国際線・国内線を合わせて233便・471発着と、災害前のほぼ100%の旅客便が運航される予定。貨物便についても災害前の約9割が運航される予定となっており、着実に輸送量が回復している状態。飲食店や免税店を含む物販店舗もほぼ全店舗で再開する。

同社代表取締役副社長co-CEOエマヌエル・ノムント氏は「関西そして日本のゲートウェイとしての役目を十分に果たしていくため、今後も機能の完全回復に向けて力を尽くしていきたい」とコメント。修理中の手荷物取り扱い機能の復旧などを進め、引き続き本格復旧に向けた作業を進める考えを示している。

9月20日時点の復旧状況は以下のとおり。

国土交通省:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。