中部国際空港に新施設、デジタル活用の体験ショー「フライトパーク」や、ボーイング787初号機の展示など、10月12日に開業【画像】

中部国際空港セントレアは、2018年10月12日に新たな複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)」を開業する。

この施設は、ボーイング787初号機の展示をメインとするもの。1階と4階が9つの体験型コンテンツが提供されるエリア「フライトパーク」、2階と3階がボーイング創業の街・シアトルをテーマにした商業エリア「(SEATTLE TERRACE)シアトルテラス」となる。

フライトパークでは、チームラボのコンテンツを提供。実際の航空機と館内空間をダイナミックに使用した映像と音のショーや 「航空機の製造」や「航空業界・航空機産業での仕事」など、 デジタルテクノロジーで拡張・インタラクティブな展示形式で表現する。

まるで飛行機と一緒に飛んでいるかのように感じられる映像と音のショー:報道資料より
紙に描いた飛行機をスキャンすると空中を立体的に飛び回る「お絵かきヒコーキ 」:報道資料より航空機組立工場にいるかのような体験。部品組み立ての製造工程が学べる:報道資料より

フライトパークの営業時間は10時から17時まで(土曜日は19時まで)、シアトルテラスは飲食店が10時から22時、物販店が10時から18時まで。

料金は、「フライトパーク」の入場料が大人(個人)が1200円、子供(3歳~小学6年生)が800円。団体入場料は大人が1100円、子供が700円で、事前予約が必要。個人の前売り券チケットは、21日20時より、オフィシャルウェブサイトで販売開始する。シアトルテラスは無料。

なお、フライトパーク内のコンテンツのうち「787シミュレーター」は別料金・事前予約制となるが、一部の時間帯で入場料だけで体験可能な抽選枠も設ける。また、「シアトル航空博物館ワークショップ」は材料費数百円程度が別途必要となる。

「フライトパーク」9つのコンテンツ:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。